「SINISTER」 栗助と映画デート
sinister_2360394b_20121101033644.jpg
(Web上から映像をお借りしました)

Happy Halloweeeeenで御座いますっ 

秋ですね~
こちらも朝晩の温度がすっかり冷え込んできてます。

んで、

凄い久しぶりに映画を見てきましたゎ。
将軍様が家に居ると月に1、2本は一緒に観に行くんですけど。。。
私だけでふらふら映画を観に行くのもねぇ 

って、他にはフラフラしてますけど(笑)

やっぱり映画館などの娯楽が無い地域で働いている将軍様に
申し訳ないので、一応自重している。。。

出来た妻のアタクシっ     ←あ、ここドヤ顔で(爆)

栗助からの映画デートをことごとく断っていた母。

だって、Daddyがお仕事で居ないのにぃ。。。
私達だけ遊んでるのもねぇ。。。

だってお金出すの私だもんっ
そんなのすっかりお見通しじゃーぃ


そんな栗助から、

Mommy、僕が映画代払うからさ、

一緒に行こうよぉ
 

OK~ 

二つ返事でオッケーの母であった 

自重はどうした?

しかし、映画の前の夕食は母のおごりという話になり。。。
ちょっち割の合わない感じだったけど、

ま、

許すか。。。 



ところで映画の方ですが、

「SINISTER」というホラー映画です。

ホラーといってもスプラッタ系、ゾンビ系、スピリチュアル系、超異常現象、悪魔系etc...
色んなジャンルがありますけど、
これは異常現象、悪魔、スピリチュアル系ってとこでしょうか?

結構怖いです(笑)

アタシみたいな先を読んでしまうイヤラシイ女でも、
ビビリながら観てましたゎ(笑)

判ってるけど、怖い~

アタクシはゾンビぃ~というか、

ま、

よっぽど空から隕石が降って来て、
その影響でゾンビがそこら辺に出現する確立より、

悪魔とか、幽霊関係の方が信憑性が高いような気がして(苦笑)

怖い映画は悪魔関係の方が断然好きです。

って書くと変な人みたいだけど。。。って十分変なヤツ?(爆)


内容としては、犯罪ルポライターの主人公(写真右のイーサン・ホーク)が次に手掛けるビッグストーリーの執筆の為に、一家惨殺事件が起こった家に家族で引っ越してきちゃうんですよねー

妻も子供もそれを知らない。。。っていうか、すぐばれちゃうんですけどぉ~

当たり前じゃんっていうか、この主人公の男性の浅はかさが現実っぽい(笑)

もちろん、その家で恐怖の異常現象がはじまっちゃう 

まるでパンドラの箱を開けてしまった感じで、
逃れられないのですよぉぉぉぉぉぉ 


怖い映画ってまったく観ない人もいるからね。
アタクシは昔のエクソシストとか、オーメンとか好きだし(笑)
これらの映画ほどのインパクトは無かったけど、
最近の怖い映画にしては良い出来だったと思いまぁ~す♪




The Dark Knight Rises
288762-the-dark-knight-rises[1] (530x348)

先月の話になりますが、家族揃って。。。

The Dark Knight Rises (邦題 ダークナイト ライジング)

観てきましたゎ 

懲りなく、ヒーローもんは楽しいって思ってしまうアタクシです。

これ、クリストファー・ノーランによる監督『バットマン』シリーズ の3作目にして
完結篇ってことですね。

あ、ノーランって、あのディカプリオ主演のInception(インセプション)を作った人ね 

アタクシの過去ブログ

個人的に、ノーラン氏の作る映画の作風っていうのでしょうか?


好きですっ 


中学生の頃から太宰治の好きなアタクシとは、何か通じるものがある。。。 ←ほんとか?

全体的に良いストーリーだったんだけど、
前2作と被っちゃう所があった気がするんだよねぇ 
でも、2005年と2008年の前2作を見直してないので、
真相は定かでないケド

アタクシのデジャブゥ?

あと、

今回はキャットウーマンがかなり前に押されてて。。。
未来のロビンが若い警察官で登場する。

3部作の完結編って事だけど、
ラストシーンはこれから本格的にバットマン始動って感じだったのよね~~~~

まぁ、他の監督が作ったバットマンにも繋がるからいいのかぇ?


もう、どこで終わっても問題無いのだけどね。
だって、みんな基本的にこのお話のストーリーを知ってるし(爆)

それでも続けて観に行ってしまうアタクシ達。
んで、結構満足して帰って来れるヒーローもんは


最高っす 



ちなみに、観に行ったのはコロラド州の銃撃事件の次の日 

ちょっと、映画館に行くのが怖かったけどね。
既にこの映画に行く予定でチケットを予約購入してあったので行って来ました。
銃撃事件があったのはプレミア試写会(12時過ぎて金曜になった途端の上映)で、
私達が行ったのは当日金曜日のお昼。
この映画だったら満席を予想しての予約購入だったんだけど。。。

場内、ガラガラでしたゎ 

だよねー

真似する変な奴が出てきそうだもんね~~~

アタクシも、暗くなって数十分間はちょっと考えちゃいました。


家族4人で楽しむ為に来た映画館。
みんな、楽しむ為にやって来ている場所なのに。。。
本当に許せないな。

犯人の男、頭の良い人らしいけどね。
人の痛みの判らない人間はサイテーです。




被害にあった方々のご冥福をお祈りします。


The Avengers 女は強い!
C7E6~1

栗助と一緒にThe Avengers(アベンジャーズ)、観て参りました。

あ゛ー 

アタクシ、やっぱりヒーロー物の映画好きですぅ 

はいはい、判ってるんです。。。
結局は“いいもん”が勝ってしまう結末 

それでもウキウキして見ちゃうんだなぁ(笑)

この映画は。。。
まぁ、このヒーロー達のコミックを読み漁ってる人間だったら
一度は絶対に考えるシナリオだわさ。

各ヒーロー達が力を合わせたら 最強じゃんっ 

私は個人的にIron Man(赤と黄色の仮面の人ね)をやっている
Robert John Downey, Jr(ロバート・ダウニー・ジュニア)が好きなんですけどぉ
役柄である金持ちで天才発明家の“トニー”のエレガントで皮肉屋なトコが大好き!

で、

Thor(The Mighty Thor マイティ・ソー)のChris Hemsworth(クリス・ヘムズワース)は、
演技はたいしたこと無いけど、めちゃかっこいい(爆)

とにかく、ヒーロー達は変なエゴがあったりして。。。
みんなで集まるとぶつかり合って、
完璧でない所が親しみがあったりするのよね 

深刻になりそうなところにクスッと笑える感じがあったりして、
中々、エンターティメントな映画でした 

空母が空飛んじゃったりする場面では、

あれ?宇宙戦艦ヤマト???

なんて思っちゃうシーンがあったりするしぃ 

   沖田艦長ぉ~、相原くぅ~んって叫びたくなるシーン有(笑)   ←何気でアニメオタク

弓の名手の男性と女性スパイは、普通の人間なんだけど。。。

特にこの女性スパイは

めちゃ強いっ 

だって、

自ら開発した戦闘スーツに身を固めてるトニー(アイアン・マン)
ガンマ線を浴びて怪物に変身してしまう天才科学者(ハルク)
開発された血清によって肉体を強化された兵士(キャプテン・アメリカ)
アスガードの雷神、こいつは神様だよぉ~(マイティ・ソー)

その中で、一緒に普通に宇宙人と戦っちゃう女スパイのBlack Widow (ブラック・ウィドゥ)

う~ん。。。

やっぱり女が一番強いのかぁ?


観終わって、そう思った映画でした   マル











Warror : 不器用な家族愛
warrior-poster-c4673[1]

この映画、予告編を見た段階ではズバリ男子大好き系の映画だなぁと思ってたの。
でも、私的に気になって観に行ってしまったワケは。。。

ブラザーズで戦うってとこ! ←ブラザーズってブラックでなく、兄弟ね(笑)

年子の男の子の母としては。。。気になるぅ

そんな感じで観に行ったらさぁ~

父親と息子

兄と弟

不器用な男達の不器用な愛情。。。

お前達は高倉健かいっ 泣かせるぜぃ

って感じの映画でした

ケージの中のファイトのシーンは結構リアルで、見ているほうが痛くなる(爆)
話の流れ的に、ここでは主人公が勝つって判ってるけど ←嫌な客
まるで実際にファイトを観に行ってるみたいだったゎ


家族ってさぁ。。。

一番大切で、それでいて一番放っておいてしまいがちな関係。
放っておいても、ずっとそこにあるって思い込んでるんだよね。
だけど、家族でも、ひとりひとりの人間であって
傷付く心を持ってる。

一番守りたくて、傷付けたくない存在なのにね







The Help :女の人生
TheHelp[1][1]

大学から夏休みで戻っていたテリぽんが戻ってしまう前に
ふたりで映画をみてきましたゎ

今年の彼の滞在は彼のGFの住むシカゴへの旅行が挟まったりして
ふたりで出掛ける時間がとれなかったの。。。

で、ポコリと時間が空いた朝に
ふたりで映画に行こうってことになって
ちょうどその日がこの映画の公開日でした

この映画のTrailer(予告編)を見た事が無くて
テリぽんが、黒人のメイドの話らしい。。。

でもわかんなぁ~い ←ここはテリぽん桂三枝調の日本語

なので、

まるきりどんな映画なのか判らずに
とりあえず、上映時間だけ調べて午前中の映画館へ

なんだかその日は上映時間が狂ってしまったらしくて
珍しく上映される部屋の外で待たされたんだけどね

待っているのは。。。

ジィさんとバァさんだけじゃがねぇー 

マイッタ

ヤングなママとイケ面息子のカップルは超浮いている ←こっ言葉が古すぎる

ちょっくら出鼻をくじかれたけど、

2時間17分という長さも忘れてしまう位に
とっても良いお話でした

それぞれの育って来た環境や歴史
個々の人格や性格
全てが違っていても、どの時代に生きていても、
強い女って美しいなぁ

これだけ個性のある登場人物が出ているのに、
ちゃんとまとまっているストーリー展開に脱帽です。

人種問題が軸になっているお話ですけど
役者達が良いのかなぁ。。。

私の中で、今年一押しの映画っ

ここまで映画が良かったんで、
ミーハーな私は本屋へ走る
活字でもう一回、味わうのだっ