憧れのスペイン♪ 其の参の弐:時を感じる場所
141 (530x396)

もうちょっと、お城でのお話。

ここは山の上にある中世城塞都市の造りのお城 
城塞の中でもミニョーナと呼ばれる塔があるんだけどね、
10メートルはある塔は、この街で一番高い場所なんだよ 

上の写真はそこからの景色 

ここから何人の人が、
時代を超えて街を見下ろしたんだろう。。。

そう、この塔は「乙女の塔」と呼ばれるもので、
イスラムの若者に恋をしたキリスト教徒のお姫様が親の反対に遭って
幽閉されて死んでいったって伝説があるんだって 

43 (530x396)

塔への階段が始まるところ。。。
テラスになっていて、バル(バー)と繋がってます。

スペインの夕食の開始時間は大体夜8時過ぎから。
ここのレストランは8時半オープンなので、
それまでここでグリーンオリーブをつまみに、
外の景色を見ながらサングリア飲んでましたゎ 

それにしても、

日が暮れない! 

バーテンダーの人に“何時位に日が暮れるの?”ってきいたら、
たぶん、夜の9時過ぎだってー。

たぶんっていうトコがスペインの人らしいなぁって思ったのは私だけ?(笑)

50 (530x396) (400x299)

8時過ぎにはレストランに下りていってお食事ターイム 

レストラン前のサロンはこんな感じです 
サングリアが結構入って、すっかり姫になってるアタクシ(爆)

55 (396x530)

サラダ♪
スペインのサラダ、胡桃が入ってる事が多かったです。

57 (396x530)

イベリコ豚とグリルしたアーティチョーク  

もっとワイン持ってこぉ~いの、一品です 

58 (396x530)

子羊のモモ肉とグリーンチリ

このグリーンチリ、 
Pimientos de Padron(ピミエントス デ パドロン)っていう
しし唐が太った感じのやつをね、
オリーブオイルと塩コショウで炒めたものなんだけど。。。

超ウマイっ 

将軍様が始めて完璧に覚えたスペイン語かも(爆)

夫婦ではまって。。。

毎日の様に酒のつまみに食べ続けましたっ 

177 (530x396)

このパラドールには聖堂があって、有料で見学が出来るんだよ。(宿泊客は割引有)
パラドールの入り口付近にインフォメーションブースがあって
そこに行ってお金を払うんだけど、
それから係りのお姉さんが聖堂の入り口まで一緒に来て鍵を開けてくれるの。

146 (351x530)

朝10時からで、一番乗りだったから貸切状態!
中に入ると、すごく大きいスペースでびっくりしたよ。

150 (530x351)

そうそう、
聖堂にはそこで修行した2人の修道僧の霊が居るとか。。。
1人は物静かで、もう1人は厳しくて説教好きなんだって。

説教好きな方に、ちょっと会ってみたいかもっ 

でもスペイン語判らないから、馬の耳に念仏状態だろうけど。。。 

156 (530x351)

窓から町を見ると白く3月の終わりの雪の後みたいなところが見えるんだけど、
塩山だそうです。(見学出来る様になってるんだって)

カルドナは昔から岩塩の産地だそうです。

まぁ、塩があったから軍事基地とかも出来たのかなぁ。。。
資金があったってことよね。



なにかここでの思い出が欲しくて、
ここで採れた塩で出来たキャンドルホルダーを買って来た 


コレ、舐めるとしょっぱいです 


って、舐めたのかー



其の四に、つづくっ 



 
ヨーロッパのよさは石造りの建物だよね。 趣があるよなあ。 幽閉された建物も怨念たっぷり、でもアメリカのホラーと違って化けて出られてきても、なお美しそう。

よくよく思えばメキシコ料理とスペインの料理と全然違うんだね。 子羊の肉って食べたことないけどどんな味なんざんしょ。

 
ゆうさん、

そうそう、なんか全てが美しくなっちゃうよね(笑)
石畳、イタリアよりも歩きやすかった!
スペインの方が小奇麗だったよ(爆)

そう、同じスパニッシュ系なのに違うね。
スペイン側に立ってみると、
メキシコ料理の方が特殊かもなぁ。

子羊は、鶏のモモ肉っぽくて、臭み無し。
美味しかったよ♪
Post a comment
secret


Trackbacks URL
http://blahblahblahdiary.blog.fc2.com/tb.php/184-1c5902a6