一目惚れのずた袋
IMG_2294.jpg

私のお家からは、ちょっくら遠めの所(車で40分)にあるPangaea Outpost というお店に

ふらりと行ってきましたの 

で、このずた袋を購入♪

あれ?何バックって言うんだろ?

ずた袋系バック? ←それじゃ同じだろーってか?(爆)

モロに私のストライクゾーン! 

あまりにも可愛いので、ココで見せびらかす事にしたっ

ま、別に誰もが欲しいと言うものでは無いと思うが。。。

これは肩掛けバックなので、 ←あ、肩掛けバックで良いのか?

お犬達との遠出のお散歩や、フリーマーケット巡りとかに活躍するね♪
あと、旅行先で使うバック用にスーツケースにぶっこめる感がヨロシイ

それと、入れ口にはジッパーが付いて無いと駄目なのよね。
海外旅行ではその方が安心なの。

今まではこれを使ってたんだけどね。。。

IMG_2295.jpg

無難な黒だけど。。。
ちょっとした自己主張 

IMG_2298.jpg

ロックな女だからね~


それにしてもこのHard Rock Cafeの缶バッジ
その昔にお店で無料で配ってたヤツなんだけど。。。

あまりにも昔で、

今じゃプレミアもの?

ビンテージ?

そんなこと無ぁ~い?



Talk Showで観客してみる
20120118025936aae[1]

こちらの女性、ご存知ですか?

Ellen DeGeneres(エレン・デジェネレス)

日本だと。。。

ディズニー映画のFinding Nemoのニモの友達、
ドーリーの声をやってました あ、英語版ね(汗)

コメディアンヌで、自分のドラマもやってたし、今はトークショウのホスト。
本人がレズビアンであるというのも、
有名なお話

彼女のStand up comedy(漫談)は面白い
最近は見ないから、やってないのかな。。。
下品なネタもさらりとこなす感じの、シニカルな方です。

実は、友人Maryが姉妹で彼女の番組を見に行ったという話を聞いて

世話好きで優しいMaryに付け込んで

行きたい行きたい攻撃~  ←手に負えないミーハーな女

今回はMary自身がチケットを手に入れたので
一緒に連れて行ってくれたぞーい

IMG_2134.jpg

番組の撮影が行なわれている、Los AngelesのWarner Bros(ワーナー・ブラザーズ)に
午後2時までに集合。 (サンディエゴからは3時間位、混んでるともっとかな~)
道向かいの駐車場にて身分証明書チェック
上の様な整理券を渡され、待つ事1時間。

IMG_2138.jpg

グループに分かれて、横断歩道を渡ってスタジオのある建物へ移動。
建物の中はもちろん撮影禁止。
空港のようにセキュリティがあります
収録スタジオの外にはEllenのロゴグッズが販売されているスペースがあったよ。
そこで30分ほど待ってスタジオの方へ入る。

昔、笑っていいともを見に行った事があるけど
スタジオの作りは結構粗末な感じだったなぁ。。。
ここは、さすがハリウッド(笑)
座席はちょっとハイクラスの映画館並だったよ

席に座ったら、ディレクターの人が面白おかしく
この合図で立って拍手してくださーいとかの説明。
ここはいいともの時と同じ感じだな  ←何を比べてんだか。。。(笑)

この日のゲストはAerosmith(エアロスミス)のSteven Tyler (スティーヴン・タイラー) 

steven-tyler-enters-rehab[1]

ロックな私に、生スティーヴンは。。。

嬉しすぎるぅ 

そして、

TVドラマJustified主演中
Timothy Olyphant(ティモシー・オリファント)

待合室で名前を聞いて あれ?誰だろ?

このドラマは将軍様が好きで、
私も一緒に見てるやつじゃん。。。

どの人だろー???

っと思ったら主役の彼!

Premiere+FX+Networks+Sony+Pictures+Television+qJDjihVCQD0l[1]

この彼がまた、超かっこいいっ
10頭身のモデル体系!
ちょっと調べたら、彼は学生時代は水泳の選手だったらしい  納得の体系!
話すと三枚目な感じで、
結婚20数年の奥様と子供3人のお父さん。

あー

そうそう、

遠ぉーい昔。。。

アメリカ人の男性って
みんなこういう感じが
そこら辺にゴロゴロだって思ってた。
すっかりコロッと忘れてたけど  ←現実は実に厳しい。。。
本当に実在するんだーって感じ(爆)

IMG_2141.jpg

コマーシャルの間は立って踊って
運動も、目の保養もしたし
Ellenのロゴ入りディスペンサーマグもお土産に買った

LAまでの道のりや待ち時間にも
女3人で良くしゃべって、良く笑って。。。

楽しい楽しい1日でありました。

Mary、ありがとう